後頭部のはげを治す方法

実はシャンプーが育毛の妨げになってしまっていることがあります。ここでは頭皮にも髪にも優しいシャンプーのやり方を紹介します。

後頭部のはげを治す方法 > 髪が育つ正しいシャンプーのやり方を紹介

実はシャンプーが育毛の妨げになってしまっていることがあります。ここでは頭皮にも髪にも優しいシャンプーのやり方を紹介します。

こんなシャンプーしてませんか?

シャンプーは「指の腹で髪を洗うものだ!」こんな風な認識をお持ちではないですか?

実は私も自分で色々調べるまではそんな認識だったんですが、実はこのシャンプー方法は色々とダメだったんです。

まずダメなのが「髪」を洗うという点です。

もちろんシャンプーをする過程では髪も洗うことにはなるんですが、まず重視するのが髪ではなく「頭皮」ということです。

シャンプーは頭皮を洗うもの、という認識を持つだけでもやり方は変わってくると思います。

最近ではスカルプシャンプーと名のつくものものも増えてきましたが
この「スカルプ」の意味は「頭皮」のことをいってます。

メーカーもようやくシャンプーが何のためのものなのかを意識しだしたんでしょうかね。
(私もつい最近しったので偉そうには言えませんが(;・∀・))

そしてもう1つの間違いが「指の腹で洗う」ということです。

一見あってそうなんですが、実は洗うのではなく「マッサージ」をするんです。

マッサージをするので指の腹ではなく指を立てて指頭でマッサージをしていくんです。

何故指の腹で洗ってはいけないのかというと、指で頭皮をこすってしまうと摩擦で新しく生えてきた毛が抜けてしまう可能性があるからです。

特に薄毛の人は髪自体も細くなっている人が多いので新しい毛は大事にケアをしなければなりません。

マッサージだけで汚れが落ちるの?と私も思いましたが、マッサージして毛穴奥の汚れを絞り出すことで
普通に洗うよりもすっきりした感じがします。

正しいシャンプーは「頭皮を指の頭でマッサージするもの」という認識であれば髪にも頭皮にも優しいシャンプーができます。

正しいシャンプーの流れ

上で説明したのはシャンプー剤を使ってのシャンプーですが、この前にやりたいことが2つあります。

それはブラッシングと予洗いです。

これはいずれも髪の汚れを事前に落とすものです。

ブラッシングについては髪が短い人であれば特にやる必要はありませんが
長めの人であれば、先に行うことで大きめのほこりやゴミをおとしてシャンプーの泡立ちも良くすることができます。

次に予洗いについては、がっつり洗うということではなくお湯で何度か頭にかけて汚れを落とすということです。

優しくすすぐような感じで流せばオーケーです。

これをやることで髪の7割の汚れを落とすことができます。

事前にこれらのことをやってシャンプー剤を使ってのシャンプーをします。

気をつけたいのは指は動かさずに、頭皮を動かすということです。

洗う位置に指を固定しながらマッサージしていきます。

流れとしてはリンパの流れにそうように、つむじの生え際から耳の方に向かっていき
耳上の側頭部から頭頂部へ、前頭部から頭頂部・つむじへとマッサージしていきます。

最後につむじより少し後ろの後頭部をマッサージします。

薄毛が気になる箇所は重点的にやっていきましょう。

またすすぎについてはマッサージの2倍の時間をかえてしっかり落としていきましょう。

シャンプー剤が残ってしまうと、頭皮の炎症などを引き起こしてしまうので注意が必要です。

最新育毛シャンプーの紹介

以前はシャンプーでは育毛はできないというのが一般的だったんですが
ここ数年で育毛効果があるシャンプーもでてきています。

男性で特におすすめしたいのが「キャピキシル」という成分が配合されているシャンプーです。

「キャピキシル」には男性の薄毛の原因である脱毛ホルモンの働きを抑えるだけではなく、
育毛を促進する効果があります。

毛が抜けるのを防ぎつつ、毛が生える促進をしてくれるまさにハイブリッドなシャンプーなんです。

スカルプDの上位シリーズでも売ってますが、1本あたり約1万円と高額です。。

価格と成分のバランスを考えるとharu黒髪プロ・スカルプというシャンプーがベストです。

定期コースだと1本3000円で購入できますが、私は2ヶ月に1本という頻度で使えてます。